費用をかけずに勉強したい

≪受験にいくら必要?≫
「ところで、社会保険労務士試験の受験料って、いくらかかるんですか?」
受験手数料は、9,000円です。受験申込の前に支払うことになっていますよ。

「高いっ!9,000円って、ほとんど1万円じゃないですか!」
・・・あのね、仮にも社会保険労務士を目指そうという人が、なんてアバウトな発言をするんですか。給与計算の仕事で1,000円も間違えたら、お客さんに怒られますよ。

「はーい。・・・けど9,000円って、どう考えても高いでしょう。」
高いですよねぇ、確かに。

「勉強にもお金がかかるというのに、受験料もそんなにかかるなんて(涙)」
あ、まだまだかかりますよ。受験料の払込み手数料もかかるし、受験会場への交通費もかかるし、受験会場が遠い人は、試験前夜の宿泊代だってかかります。

≪一番安い勉強法は・・・≫
「はあぁ・・・、勉強ってお金がかかるんだなあ。」
費用をかけたくないのだったら、独学で勉強すればいいじゃないですか?社会保険労務士試験の場合は、独学で合格する人も多いみたいですよ。

≪独学で注意すること≫
「うーん、独学かあ・・・。独学でも、本代はかかるでしょう?」
そりゃそうですよ。本代と問題集代は、どうしてもかかります。
でも独学の場合、2~3万円の学習費用で済んでしまう人もいますよ。

「それは安い!」
でも、独学の場合、情報がどうしても稀薄になりますから、インターネットなどを上手に活用して、正しく情報収集をする必要がありますね。

「なるほど。独学は情報集めも自己責任か。情報集めって、意外と時間がかかるんだよね。」
そうなんです。費用と時間って、反比例しやすいんですよね。
逆に言えば、時間がない人の場合は、費用はかかるけれど、資格学校や通信講座を使って情報収集をするというのも、一手ですよ。

「そうか、正確な情報って、今や商品なんだね。うーん、色々考えると、やっぱり迷ってしまうなあ。」
結局は、自分に向いた勉強法を選ぶことになりますよね。

>>社労士の受験の悩みはここで全て解決できます。

社会保険労務士受験の相談室